紅葉の根來寺ウォーク(後編)


五百仏遊歩道で、

30分程のウォーキングを楽しんだ後は、

根來寺の向かいにある古民家カフェ

「初花」さんでお茶休憩をしました。

この日はとても寒かったので、

白玉ぜんざいを頂きました。

抹茶クリームぜんざいも美味でした。

​​

お店の建物は土壁で塗り上げた木造平屋建てで、岩出市水栖にあった100年以上前の建物を移築し復元したとのことで、とても風情がありました。

特に、天狗のような屋根瓦が面白く、見とれてしまいました。

店内も、参拝者や地元の人たちでとても賑わっていました。

​​

​​

さて、順番が入れ替わってしまいましたが、

根來寺への参拝です。

拝観時間は、冬季(11〜3月)は

9:10〜16:00とのこと。

入山料は、大人1人500円です。

まずは、鐘楼門を抜け、光明殿へ。

聖天堂から見る蓮池では、鯉がゆったりと泳いでおり、つい時間が過ぎるのを忘れてしまいました。

こちらは、大塔(大毘廬遮那法界体性塔)。

木造の大塔で日本で唯一、国宝指定の大塔内に入ってお参りができます。

天文16年(1547年)に完成した大塔は、真言密教の教義を立体曼荼羅で示しているとのこと。

日本最大の木造多宝塔で、明治32年に国宝に指定されています。

根來寺は、豊臣秀吉の紀州征伐の際、2~3の堂塔を残して全山消失してしまいましたが、こちらの大塔は奇跡的に焼失せずに残ったもので、​​その頃の戦乱の弾痕がはっきりとみられます。 

他にも、真言宗を開宗した弘法大師・空海を

ご本尊として祀っている大師堂や、

自然の滝と池を配した江戸時代の名勝庭園など、様々な見所があります。

ぜひ、ゆっくりと参拝に訪れてみてください。

​​

​​

以上、今回は、根來寺&紅葉ウォーキングをご紹介しました。

#観光紹介